富裕層の生活 資産 内訳

【富裕層の資産内訳】金融資産2億円以上の数と その怖い結末とは?

富裕層の資産内訳ですが、この記事では金融資産が2億円以上ある人々を富裕層と定義します。

富裕層の資産運用戦略は、個々の価値観や目標により大きく変動し、一部の富裕層は自身の富を増やすために積極的な投資戦略を採用します。

一方、他の富裕層は自身の富を保護するために、より保守的な投資・リスクヘッジを選択します。

しかし、これからの数年間の鍵は「スタグフレーション」であり、その影響により富裕層の資産の結末が大きく変わる可能性があります。

 

記事のPOINT
・金融資産2億円を持つ人々は全体の約0.1%程度、日本では約12万人
・富裕層の人々は、資産を効率的に管理し、税負担を最小限に抑えるために、専門的な資産管理サービスを利用することが多い
・スタグフレーションが起こると富裕層の資産は大きく影響を受ける
・ダイヤモンドや高級時計は資産保全にはならない

 

 

⇒ロト7的中攻略【PR】NAVI

 

 

富裕層の資産内訳とその価値観

富裕層とは、一般的には大きな資産を持つ人々のことを指します。

しかし、その定義は人によって異なることがあります。

一部の人々は、富裕層とは金融資産が2億円以上ある人々だと考えています。

一方で、他の人々は、富裕層とは一定の収入を持つ人々だと考えています。

この記事では、富裕層とは金融資産が2億円以上ある人々と定義します。

 

金融資産2億円の割合とその意味

金融資産2億円という金額は、一般的なサラリーマンの生涯賃金の約4倍に相当します。

この金額を持つことができる人々は、全体の約0.1%程度と言われています。

つまり、1000人に1人程度の割合で富裕層と言える人々が存在しているということになります。

現在の日本の人口は、約1.2憶人。

ざっくりですが、富裕層に該当するのは
およそ12万人ですね。

 

 

富裕層の価値観とその影響

富裕層の価値観は、その人がどのように富を築いてきたか?

どのようにその富を管理し、増やしてきたか? それによって大きく影響を受けます。

一部の富裕層は、自分の富をさらに増やすために、積極的に投資を行うという価値観を持っています。

一方で、他の富裕層は、自分の富を守るために、安全な投資を選ぶという価値観を持っています。

富裕層の中でも、ギャンブルに出る人もいれば、手堅く堅実にリスクヘッジしながら増やす方と性格が別れます。

 

富裕層の老後資金と生活費の内訳

富裕層の老後資金と生活費の内訳は、その人のライフスタイルや価値観によって大きく異なります。

一部の富裕層は、自分の富を次の世代に引き継ぐことを重視しています。

一方で、他の富裕層は、自分の富を使って豊かな老後生活を送ることを重視しています。

さらに富裕層の老後資金についてこんな情報があります。

 

・富裕層の人々は、老後の生活を支えるための資金を確保するために
多くの場合、投資を活用しています。

これには、株式、債券、不動産などの資産クラスが含まれます。

最近の日本政府は、やたら「投資」を呼び掛けていますよね?何かあると思って慎重になるべきではないでしょうか?

 

・富裕層の人々は、資産を効率的に管理し、税負担を最小限に抑えるために、専門的な資産管理サービスを利用することが多いです。

 

・富裕層の人々は、遺産計画を通じて、資産を次の世代に引き継ぐことを計画しています。

これには、遺言書の作成や信託の設定などが含まれます。

 

富裕層の老後生活費とその計画

富裕層の老後生活費は、その人のライフスタイルによって大きく異なります。

一部の富裕層は、豪華な生活を送ることを選び、そのために大きな生活費が必要となります。

一方で、他の富裕層は、シンプルな生活を送ることを選び、そのためにそれほど大きな生活費は必要としません。

例えば、一部の富裕層は、豪華な生活を選択し、その結果、年間約2000万円の生活費が必要となる場合があります。

一方で、他の富裕層は、よりシンプルな生活を選択し、その結果、年間約500万円の生活費で十分な場合もあります。

 

これらの違いを理解し、それぞれのライフスタイルに適した資金計画を立てることが、富裕層の老後生活を成功させるための重要な戦略となります。

 

富裕層の資産運用とその戦略

富裕層の資産運用戦略は、その人の価値観や目標によって大きく異なります。

一部の富裕層は、自分の富を増やすために、積極的に投資を行います。

一方で、他の富裕層は、自分の富を守るために、安全な投資を選びます

富裕層の資産運用戦略は、個々の価値観や目標により大きく変動します。

一部の富裕層は、自身の富を増やすために、積極的な投資戦略を採用します。

これには、高リスク・高リターンの投資が含まれることが多いです。

一方、他の富裕層は、自身の富を保護するために、より保守的な投資・リスクヘッジを選択します。

これらの戦略は、個々のリスク許容範囲と長期的な資産成長の目標に基づいています。

 

富裕層の老後生活のリアルなイメージ

富裕層の老後生活は、その人の価値観や目標によって大きく異なります。

一部の富裕層は、自分の富を次の世代に引き継ぐことを重視しています。

一方で、他の富裕層は、自分の富を使って豊かな老後生活を送ることを重視しています。

これらの選択は、その人の価値観や目標によって大きく影響を受けます。

富裕層とは、一般的には大きな資産を持つ人々のことを指しますが、その定義や価値観、生活スタイルは人によって大きく異なります。

今の時代がこれから先、ずっと続いていくなら、ある程度の浪費は「お金持ちの道楽」ってことですが・・・

 

富裕層の資産 その結末

これからの数年間の鍵は「スタグフレーション」なのを知っていますか?

スタグフレーションは、経済学の用語で、経済が停滞(Stagnation)しているにも関わらず

物価が上昇(Inflation)している状況を指します。

この言葉は「停滞(Stagnation)」と「インフレーション(Inflation)」の2つの単語を組み合わせた造語です。

 

通常、経済が成長しているときには物価が上昇し(これをインフレと言います)、経済が停滞しているときには物価が安定または下降します(これをデフレと言います)。

 

しかし、スタグフレーションの状況では、これらの一般的なパターンが逆転します。

 

スタグフレーションは、経済全体にとって非常に困難な状況になるんですよ。

なぜなら、物価が上昇すると、消費者の購買力が低下し、生活費が増加します。

一方、経済が停滞すると、失業率が上昇し、企業の利益が減少します。

大恐慌は「まさか、あの大企業が!?」
って大倒産劇が続発しますから。

 

これらの両方が同時に起こると、政府(というか、日銀)はインフレを抑制するために金利を上げるか、経済を刺激するために金利を下げるかという難しい選択を迫られます。

 

スタグフレーションは1970年代のオイルショック時のアメリカ経済で特に顕著でした。

この時期、原油価格の急激な上昇により物価が上昇し(インフレ)、同時に経済成長が停滞しました(スタグネーション)。

この結果、スタグフレーションという現象が生まれました。

 

ちなみに日銀が金利を1%に引き上げると国債の格付けが下がり、その結果国債が暴落すると言われています。仮にそうなると

日本がデフォルトする可能性が!!!

 

だって原油が買えなくなるんですよ?
「円」の価値が暴落するから。

原油がないと【ハイパーインフレ】

そもそも

輸入品が買えないってことです!

 

第一次世界大戦後のドイツでは、パンを買うために山のように紙幣を持って並んだという記録が残っています。

これが【ハイパーインフレ】です!

 

インフレ+不景気・大恐慌 の時代では
お金の価値が「あ!」っという間に
急降下してしまいます。

いわゆる、通貨が紙切れになる訳です。

当然、今以上のスーパー大増税です。
ありとあらゆることに税金を掛けられる時代が来てしまうんですよ。

だからスタグフレーションになると富裕層のダメージは本当に強烈なんです。

一般庶民よりも、取られる金額が多すぎるからです。

 

富裕層の資産保全 その結末

・ダイヤモンドは資産保全になるのか?

・高級時計はどう?

 

って心配される富裕層が急増中!

 

持ち運びに便利だけど市場では只今絶賛大暴落中。資産保全にはならないです。

ダイヤモンドは絶賛暴落中ですよ(笑)

 

・有事は金!だよね?

って方は、安心していいらしいです。
後日、しっかり徴収されますから(笑)

 

国税をナメちゃいけません。
全部ぜーんぶ、把握されていて絶対に逃げ隠れできません。

世の中って、そういう構造なので
我々庶民だけでなく富裕層の方々も
逆らえないんですよ。

 

生活コストは上がり 高級品は下がる。
これがスタグフレーションの特徴です。

 

ドバイ高級不動産は暴落直前?!
これには注目すべきだと思います。

 

富裕層が好む希少性が消える?

「希少」はお金がたくさんあって、モノが少ない時に感じていた価値観のこと。

欲しい人が多い⇒希少

欲しい人が少ない⇒当たり前

スタグフレーションでハイパーインフレになったら、そんな時代になれば富裕層ですら生活費でいっぱい。

富裕層だって食糧を買い込むために売れる資産は売りに出します。

 

・生活苦で質屋に大量に流れる希少物品

 

・希少コインがその最たるもの

 

ポートフォリオの一つとしての希少コインを買っていても

ポートフォリオ自体が縮小すれば生活のために売りに出されて希少ではなくなるんです。

大不況下では希少物品・高級品の価値は下がるってことを知っていないとね。

 

だって、そもそも買う人がいないじゃなですか?
贅沢品なんかを買うより、食糧を買わないと生きていけないって、知っていましたか?

 

そんな世界大恐慌時代に、贅沢品なんかを持っていたって、空腹は満たされませんから。

何億、何百億ドル持っていたって、そのお金を食糧に変えなかったら餓死しちゃうんですよ?

 

世界大恐慌になったら

・庶民が大損するのはいつものこと

・“希少”の甘い誘惑に騙されて大損

 

 

・富裕層だって貧乏になる

 

 

スタグフレーションでハイパーインフレ
そんな時代が来なければ問題ないけど。

 

富裕層の資産の内訳と結末

富裕層および超富裕層の物品については図りかねますが

あなたも興味がある純金融資産でいうと

野村総合研究所の報告によれば、2023年3月1日での、日本国内における富裕層の実態は

 

世帯数⇒149万世帯

純金融資産総額⇒ 364 兆円と推計

 

富裕層・超富裕層の世帯数は、2005 年以降では最多だそうです!

あなたも、富裕層のひとりになった
そんなイメージを持って下さい。

くだらない人間関係や苦痛な労働から
思いっきり解放された
生き生きとした あなた自身を!

 

しかし、スタグフレーションになれば
富裕層の資産は吹っ飛びます。

これは過去の歴史が証明してますから
避けられないんですよ。

そして、そんな流れが誰にも止められないのも、悲しいかな、現実なんです。

 

ピラミッドの上にある「目」から出た
【指令】に 富裕層すら無力なんですよ。

 

富裕層でなくても食糧を確保!

 

アルファー米とか、玄米、塩、水
缶詰とか家庭菜園用の畑とかが
【資産】と言われるかも知れません。

太陽光発電機や自前の井戸なんかも!?

 

エンタメとして楽しんでくれたら
とても嬉しいです。

ありがとうございました。

 

【PR】

 

⇒仮想通貨でかんたんAI投資
『Quorea(クオレア)』
【PR】

 

新機能「スナイパーモード」を設定
AI時代の賢い稼ぎ方!見る価値あり

スナイパーモード説明資料 (PDF)

 

-富裕層の生活, 資産 内訳
-