価値観 富裕層の生活

備蓄ブログのまとめ それ、どこで買えるの?もしかして売り切れ?

本ページはプロモーションが含まれています

 

備蓄ブログを探しているあなたは、きっと将来の不確かな時代に備えたいと考えているはずです。

 

食糧危機やインフレ、または南海トラフ地震のような大規模な自然災害に直面した時、家族を守るための準備は非常に重要です。

 

我が家の備蓄ブログでは、日常生活の中で実践できる具体的な備蓄のコツから

長期備蓄ブログで紹介されるような1年以上持続可能な食品や必需品の準備に至るまで、あらゆるシナリオに対応できるような情報を提供します。

 

インフレ備蓄ブログの知見を取り入れ、物価上昇の時代にも無駄なく、効率的に備蓄を進める方法にも焦点を当てていきます。

 

記事のPOINT

・備蓄ブログからの備蓄の重要性

・家庭で実践できる備蓄の基本

・長期にわたる備蓄の計画と管理

・インフレ時代の備蓄

 

⇒もっちもちの玄米革命!
結わえるの寝かせ玄米ごはんパック【PR】

 

 

備蓄ブログから基本を押さえる

数ある備蓄ブログをまとめ、皆さんが仰っていることの基本的な部分をまとめました。

 

 

食糧危機!備蓄!ブログにみる対策

例えば、1人あたり1週間分の備蓄を考えると、以下が目安になります。

 

・米は約2キロ

 

・水は21リットル
(1人1日3リットル×7日)

 

・缶詰や乾パンなどは7食分が必要

 

と、このような感じになります。
これらは、スーパーで一般的に販売されている商品を利用し、約3,000円から5,000円で準備可能です。

 

特に、水はペットボトルで1リットル100円以内で購入できるので、安価に備蓄を始めることができます。

 

 

このように、事前に家族の人数や必要な期間を考え、計画的に食糧を備蓄することで、万が一の事態にも安心して対応できます。

 

また、賞味期限が近づいた食品は日常生活で消費し、新しいものと入れ替える

「ローリングストック」

の方法を取り入れると、無駄なく備蓄を続けることができます。

 

我が家の備蓄 ブログ 家庭でできる備蓄

備蓄を始める一番のコツは、日常生活に必要なものから少しずつ集めることです。

 

理由は簡単、いざという時に慌てずに済むからです。

たとえば、水は1人1日に最低3リットル必要とされています。

 

これを基準に、家族4人で1週間分の水を備えると、84リットルの水が必要になります。

 

これをペットボトルの水で用意しようとすると、2リットルのペットボトルで42本分になります。

 

また、非常食は賞味期限が長く、手軽に食べられるものを選びます。

 

例えば、カロリーメイトや保存パン、レトルトご飯などがあります。

これらは数ヶ月から数年で消費し、新しいものと入れ替える「ローリングストック法」を使うと良いでしょう。

 

医薬品については、家族が普段から使用しているものや、風邪薬、絆創膏などの基本的なものを備えておくと安心です。

 

あなたの想像を超えた災害の場合、不衛生な状況が長く続くので感染症が原因で、亡くなってしまうケースも想定すべきです。

 

近くのドラッグストアだって閉鎖する訳ですから、そもそも何か起きてからでは奪い合いになることを考えておきましょう。

 

これらの具体的な例を参考にして、あなたの生活スタイルに合った備蓄を、今から心掛けましょう。

 

日常的に使用するものから始めることで、無理なく継続できる備蓄が可能になります。

 

プレッパーズ 備蓄 ブログからの備蓄術

プレッパーズとは、あらゆる災害や緊急事態に備え、事前に準備を行う人々のことです。

 

彼らの備蓄術の基本は、水、食料、衣類、医薬品など生活に必要なものを確保することにあります。

 

具体例として、1人当たり1週間分の飲料水を備蓄する場合

最低でも21リットル(1日3リットル×7日)の水が必要となります。

これは、500mlのペットボトルで42本分に相当します。

 

 

また、非常食には、5年以上の賞味期限があるレトルト食品やカンパン、インスタント食品を選びに加えて

定期的に内容をチェックし、賞味期限が近づいたものから消費していくことが大切です。

 

プレッパーズは災害時だけでなく、日常生活でも役立つアイテムを備蓄することで、安心して生活を送ることができます。

 

 

このように、プレッパーズの備蓄術を参考にすることで、自分や家族を守るための具体的な備蓄計画を立てることができるようになります。

 

プレッパーズの考え方を取り入れ、日常から準備を進めていくことが、災害発生時の安全への第一歩となります。

 

南海トラフへの備蓄!ブログより

南海トラフ地震への備蓄ブログからも、基本的な備蓄戦略は参考になります。

 

南海トラフ地震への備えとして、長期間自宅で過ごすことを想定した備蓄計画を立てることが重要です。

 

この計画には、最低でも3週間分の食料と水(1人あたり1日3リットル、合計63リットル)を備えることが基本です。

 

例えば、非常食として、即席麺やレトルト食品、缶詰、乾パンなどがあり、これらは1人あたり約20,000円で準備可能です。

 

さらに、非常用の発電機や携帯充電器、手回しラジオ、LEDライトなどの電源関連の備蓄も欠かせません。

 

非常用発電機の価格は種類によって異なりますが、小型で家庭用のものの多くは約30,000円から100,000円程度が主流です。

 

また、医薬品や衛生用品(トイレットペーパー、生理用品など)、防寒具や簡易トイレなども準備リストに加えましょう。

 

 

重要なのは、これらの備蓄品を定期的に点検し、使用期限の近いものから使っていく

 

「ローリングストック方式」

 

を採用すること。これにより、常に新鮮な備蓄品を維持することができます。

 

南海トラフ地震のような大規模な災害に備えるには、こうした体系的な準備が重要です。

 

長期備蓄 ブログ 中長期備蓄のすすめ

中長期備蓄とは、災害発生時に備えて、1年以上保存可能な食品や水、必要な生活用品をあらかじめ用意しておくことを指します。

 

この備蓄の目的は、もしもの時に自分や家族が安心して生活できるようにするためです。

 

例えば、非常用食料としては、5年以上保存可能なアルファ米や保存水、長期保存が可能な缶詰食品などがあります。

 

これらの食品は、1人あたり1日3食で計算して、1か月分を目安に。

 

それには、約30,000円程度の予算くらいは必要になります。

 

 

また、日用品では、トイレットペーパーや生理用品、軽視しがちですがライトや予備の電池なども重要です。

 

これらは日常生活で使用するものなので、普段から少しずつ多めに購入しておく「ローリングストック方式」が効果的です。

 

この方法ならば、使用期限が迫っているものから使い、新しいものを補充することで、常に新鮮な備蓄を保つことができます。

 

重要なのは、備蓄した物資を定期的に確認し、使用期限の確認や備蓄量の見直しを行うこと。

 

これにより、いざという時に役立つ備蓄を維持することができます。

 

中長期備蓄は、突然の災害に対して自分たちの生活を守る重要な手段の一つです。

 

インフレ備蓄ブログからの備蓄戦略

インフレ、つまり物価が上がる時代には、生活必需品や食品の価格も上昇します。

 

仮に日本国債が暴落すると、ハイパーインフレという凄まじい地獄絵図になります。

 

第一次世界大戦で敗戦国となったドイツでは
当時ハイパーインフレになり、パンを買うために紙幣を大量に持っていったのです。

 

「日銀は政府の子会社」という理由で日本国債は暴落しない!問題ない!という夢を見るのは個人の自由です。

 

しかし、国債の格付けをしているのは日本国ではありません。

 

世界の公的機関、国際機関が国の財務状況をシステマティックに判断して、国債の格付けを行っているわけではありません。

 

 

日本円が世界で余りすぎて「ジャブジャブ」になれば日本円の【価値】が下がって
日本円は大暴落(超円安)になります。

 

そして、その国債の格付けを決めているのは
実は【民間企業たち】なのです。

 

分かりやすく例えると、金融ゲームの胴元が勝手にルール変更したり

「ある思惑のため」さじ加減を根拠なく変えても文句が言えないのです。

 

 

このような超インフレ時、日用品や非常食などをあらかじめ確保しておくことで、将来の高価格による出費を避けることができます。

 

例えば、現在1,000円で購入できる物品が、インフレにより数ヶ月後には1,200円になる可能性も考えられます。

 

この差額200円は、備蓄品を多く持っていれば持っているほど、節約効果がとても大きくなります。

 

具体的には、今からでも、米やパスタ、缶詰、トイレットペーパーなどの日用品をまとめ買いすることが一つの戦略です。

 

これらの商品は通常、長期間保存が可能で、日々の生活に欠かせないものばかりです。

 

また、非常食としての長期保存食品も同様に、価格上昇前に備えておくのが賢明です。

 

さらに、インフレを見据えた備蓄では、消費期限の管理にも注意が必要です。

 

購入した商品を適切な時期に消費し、常に新鮮な備蓄を保持する「ローリングストック」の方法を取り入れると良いでしょう。

 

この方法により、インフレ時でも安定した生活を維持することが可能になります。

 

余談ですが、日本製の缶詰の場合、表示されている日時より2~3年経過したものでも、問題なく食べられることが検証済です。

 

しかし、最後は自己責任で。

 

ミニマリストの備蓄ブログから学ぶ

ミニマリストの生活は、必要なものだけを持つことを心がける生き方です。

 

この考え方を備蓄に応用すると、家の中が物であふれることなく

必要な時に必要な物が手に入る、非常に効率的な備蓄が実現できます。

 

たとえば、水は人が生きていく上で欠かせないものですが、大量にストックする代わりに、浄水器を用意しておくことで、必要な水をいつでも新鮮に確保できます。

 

 

食料品に関しては、乾パンや缶詰など、長期保存が可能で場所を取らないものを選び、これらをうまく収納することが大切です。

 

食品は透明な容器に入れてラベルを貼り、消費期限が近いものから使うようにすると

食材の無駄遣いを防ぎつつ、必要最小限の備蓄を維持できます。

 

さらに、ミニマリストの備蓄では、非常用のバックパックを一つ用意し、最低限必要な物資をコンパクトにまとめています。

 

このバッグには、水、非常食、懐中電灯、予備の電池、基本的な医薬品などを入れておきます。

 

災害時にはこのバックパック一つで最低限の生活ができるようにすることが、ミニマリストの備蓄の目標です。

 

このように、ミニマリストの備蓄は、持ち物を減らしつつも、災害時に自分や家族を守るための最小限かつ最適な準備をすることにあります。

 

無駄を省き、本当に必要な物だけを選ぶことで、シンプルながらも安心できる生活が実現できるのです。

 

 

備蓄ブログの備蓄品 どこで買える?

ハイパーインフレに突き進んでいる中で
あなたも日頃から備蓄に励んでいますね?

 

しかし「まだいいだろう?」なんて
人ごとだと思っていたら・・・

 

東日本大震災の時に、スーパーの棚から
一斉に品物が消えたことを
あなたは忘れたのですか?

 

気が付いたら何もない!ってなったら
教訓が生かさせていないってことです。

 

 

 

備蓄ブログ 2025年 近未来への備え

以前から多くの預言者たちが言ってきた
「2025年 7月 5日」ですが

 

スピリチュアル的にどうなのかはともかく
NASAでは、隕石が地球に衝突すると
スーパーコンピューターで試算しています。

 

 

「2025年 7月 5日 4:18 フィリピン海沖」

 

何もなければ、それに越したことはありませんが、現在NASAの観測では、隕石は火星をとっくに通過している!とのこと。

 

最近の動画では、目にしないことがないほど2025年7月問題のコンテンツがネットを賑わせている今日この頃です。

 

 

世界の富裕層たちは、もう行動を開始していて、情報統制が進んでいる「某国の国民」は「大谷翔平カッケー」と浮かれています。

 

 

数百メートルの津波が環太平洋沿岸を襲う
予測されているのは事実なんですよ。

 

 

「裏金 許すまじ!」

 

「こっそり法律を変えるな!」

 

「税金を海外にバラまくな!」

 

「移民天国じゃないか!」

 

「福島に あんな工場作りやがって!」

 

と、あなたも怒り心頭なのは理解できますが意図的に視線をそらされていないか?と
冷静になって現実を見つめて下さい。

 

勘違いしないでください。あなたを不安にさせる目的で書いているのではなく、あくまで世界の富裕層の動きを伝えているだけです。

 

あなたが視線をそらしている間に、ある海底に避難場所を建設していたりします。
現実をシビアにとらえている富裕層たち。

 

また隕石落下の衝撃の度合いや角度次第では
【ポールシフト】が加速する可能性
排除できない・・・

 

ポールシフトとは

地球の磁場、N極S局(現在の北極・南極)が入れ替わる、地軸が大きく傾くことです。

 

地層から地球は過去に数回ポールシフトがあったことが確認されています。

 

しかし、人類が誕生してからポールシフトは1度もありません。

 

20~30万年ごとに起こるとされていて、現在は80万年くらいポールシフトは起きていないので、いつ起きても不思議ないらしいです。

 

 

ポールシフトが実際に起こると、地球の気候は大きく変化する可能性があります。

 

具体的な変化は、ポールシフトの規模や速度、時期などによって異なりますが、以下のような影響が考えられます。

 

1. 季節の変化

ポールシフトが起こると、太陽の光が地球に当たる角度が変化するため、季節のパターンが大きく変化します。

 

例えば、北半球が夏を迎えている時期にポールシフトが起こると、北半球は冬のような気候になり、南半球は夏のような気候になる可能性があります。

 

 

2. 気温の変化

ポールシフトによって、赤道付近の地域はより暑くなり、極地付近の地域はより寒くなる可能性があります。

また、季節による気温差も大きくなる可能性があります。

 

 

3. 海流の変化

ポールシフトによって、地球の海流のパターンが大きく変化する可能性があります。

海流の変化は、世界の気候に大きな影響を与え、地域によっては干ばつや洪水などの異常気象が発生する可能性があります。

 

 

4. 生物多様性への影響

ポールシフトによる気候変動は、生物多様性にも大きな影響を与える可能性があります。

多くの生物は、特定の気候条件に適応しており、気候が大きく変化すると、生存が困難になる可能性があります。

 

 

5. 人間社会への影響

ポールシフトによる気候変動は、人間社会にも大きな影響を与える可能性があります。

農業生産の減少、海面上昇、異常気象の増加など、様々な問題が発生する可能性があり、社会の安定が脅かされる可能性もあります。

 

現時点では、ポールシフトが実際に起こるかどうか、また起こるとしたらどのような規模や速度になるのかは分かっていません。

 

しかし、ポールシフトが起こった場合、地球の気候は大きく変化し、様々な問題が発生する可能性があることは理解しておく必要があります。

 

こんな言葉を耳にしたことありますか?

 

「強いものが生き残るのではない。
変化に順応できたものが生き残るのだ」

 

割り切って備蓄に励もう

2025年に向けての備蓄計画を立てるとき、あなたはただ古い方法を繰り返すのではなく

新しい技術や社会の変化を考慮に入れる必要があります。

 

たとえば、太陽光パネルや小型の風力発電機を家庭用に備蓄することで、災害時でも自家発電が可能になり、ライフラインが断たれても電力を確保できます。

 

これは、特に長期間にわたる停電に備えるために非常に重要です。

 

⇒ポータブル電源【PR】

 

 

また、スマート技術を活用した備蓄品の管理も考えられます。

 

スマートフォンアプリを使って、備蓄品の在庫管理や賞味期限のチェックを自動で行えるようにすることで、必要な物資が常に最適な状態で保管されていることを確認できます。

 

 

さらに、災害情報や避難情報をリアルタイムで受け取れるシステムの整備も

2025年に向けた備蓄計画の一環として非常に役立ちます。

 

このように、2025年に向けての備蓄では、再生可能エネルギーの導入やスマート技術を利用した管理方法など、新しいアプローチを取り入れることが重要です。

 

これらの技術を活用することで、より安全で、より効率的な備蓄計画を立てることが可能になり、未来の災害に強い生活を実現できるのです。

 

ちなみに、インフラそのものが停止すると予測されていて、縄文時代さながらの生活に立ち戻ると言われています。

 

すなわち、電気そのものが作れなくなると
蛇口から水が出ないとか、トイレの水を流せない、って生活になる訳です。

 

水源から水をくみ上げるモーターは、電気がないと稼働できませんから。

 

備蓄ブログ 必須は大至急買う!

備蓄に際し最も大切なのは、いざというときに役立つアイテムをそろえておくことです。

 

水は1人1日3リットルを目安に備えておく必要があり、1週間分であれば、1人あたり21リットルが必要になります。

 

食料については、非常食として保存期間が長く、すぐに食べられるものを選びます。例えば、缶詰やレトルト食品、乾パンやアルファ米などがおすすめです。

 

 

また、医薬品には、家族が普段から使用しているものに加え、救急セット(絆創膏、消毒液、痛み止め、抗生物質軟膏など)を用意しておきましょう。

 

日用品としては、トイレットペーパー、生理用品、ウェットティッシュ、手指消毒液などが必要です。

 

非常用ライトやラジオは、電源がなくても情報を得られるように手回し式や太陽光発電タイプを選ぶと便利です。

また、予備の電池も忘れずに備えておくことが大切です。

 

 

これらのアイテムをリストアップして、家族全員で内容を確認し、足りないものがないか定期的にチェックすることが、安心して生活を送るための第一歩になります。

 

飲料水の重要性 水の備蓄方法

災害時には水道が使えなくなることもあるため、飲料水の備蓄は非常に重要です。

 

一人一日に必要な飲料水の量は約3リットルとされていますが、料理や衛生用水も考えると、1人1日あたり約5リットルを目安に備蓄しておくと良いでしょう。

 

これを7日分備えると、一人あたり約35リットルの水が必要になります。

 

水の備蓄には、ペットボトルが便利で、直射日光を避け、冷暗所に保管することで、賞味期限を迎える前に定期的に入れ替えることが推奨されます。

 

また、より長期間保存できるように、市販されている長期保存水や、大容量のウォータータンクを利用する方法もあります。

 

さらに、非常時に備えて水を浄化する方法も知っておくと安心です。

市販の浄水フィルター塩素系の浄水剤を使うことで、安全に飲める水を確保できます。

 

 

実際には、家庭でペットボトルの水を数箱備蓄し、その一方で浄水器具も用意しておくと、様々な状況に対応できるでしょう。

 

これらの準備をすることで、災害時も水に困ることなく、安全に過ごすことができます。

 

とはいえ、大量の水を備蓄するのは現実的に容易なことではありません。

 

飲料水なら、サバイバルキットで何とかなりますが・・・

 

ベストは、山間地に移住して井戸を掘る!
ってことです。

 

雪解け水の伏流水には、信じられないほどのパワー・エネルギーがあるのです。

 

⇒水がないと生きてゆけない【PR】

 

 

食品の保存技術 期保存食を知る

現代の食品保存技術は非常に進んでおり、災害時に役立つ長期保存食品が様々あります。

 

フリーズドライ食品は、水分を取り除いて保存する技術で、味や栄養を損なうことなく長期保存が可能です。

 

例えば、フリーズドライのご飯やスープは、水を加えるだけで手軽に食べられるため、災害時の備蓄に適しています。

 

 

レトルトパックは加熱殺菌して密封包装されているため、常温で長期間保存ができ、非常食としても人気です。

 

真空パックは空気を抜いて包装することで食品の酸化を防ぎ、味の劣化を遅らせます。

 

これらの保存食品を選ぶ際には、保存期間が5年以上のものを選ぶと、頻繁な入れ替えの手間が省けます。

 

また、保存食品を選ぶ際には、家族の好みや食物アレルギーも考慮することが大切です。

 

具体的には、フリーズドライの味噌汁やカレー、レトルトパックのビーフシチューなどがあります。

 

これらの商品は約500円から1,000円程度で購入可能で、手軽に栄養バランスの良い食事を確保できるため、災害時だけでなくアウトドア活動や忙しい日の非常食としてもおすすめです。

 

 

 

備蓄ブログ ペットと共に避難

災害時にペットと一緒に安全に避難するためには、ペット専用の備蓄が非常に重要です。

 

ペット用の食料は、成犬や成猫用のフードを少なくとも1週間分、約2,000円から3,000円で準備すると良いでしょう。

 

 

 

水はペットのサイズにもよりますが、1日あたり200mlから500mlを目安に備蓄します。

 

また、ペット用の応急処置キットには、ガーゼや消毒液、止血用のバンドなど、1,500円程度で購入可能な基本的なものを揃えておきましょう。

 

避難時にはペットを安全に運ぶための携帯用ケージやキャリーバッグが必要です。

 

小型犬用のキャリーバッグは約4,000円から、大型犬用の折りたたみ式のケージは約10,000円から購入できます。

 

これらの備蓄品は、ペットの種類やサイズ、特性に合わせて選ぶことが大切です。

 

また、ペットの健康状態や特定の医療ニーズに応じた薬やサプリメントも忘れずに準備し、常に最新の状態に保つことが必要です。

 

 

これらの準備をすることで、いざという時にペットと共に迅速かつ安全に避難行動を取ることができるようになります。

 

備蓄ブログ まとめ

 

・基本的な食料品の備蓄が重要

 

・日常生活を見直し、物資を段階的に準備

 

・プレッパーズの備蓄術には多様な災害シナリオを想定した準備が含まれる

 

・南海トラフ地震など大規模災害に備えるための長期備蓄が必須

 

・中長期備蓄は1年以上保存可能な食品や水、日用品を確保することを指す

 

・インフレ時代の備蓄では物価の上昇に備えた先取りが重要

 

 

・ミニマリストの備蓄は必要最小限の物資に絞り、スペースを有効活用

 

 

・2025年に向けた備蓄では技術進化や社会変化を踏まえた新しい方法を取り入れる

 

 

・備蓄の必須アイテムリストには水、食料、医薬品、日用品が挙げられる

 

 

・飲料水の備蓄ではペットボトルや大容量タンクの利用と定期的な入れ替えが重要

 

・長期保存食はフリーズドライ食品やレトルトパックなどの特性を理解し備蓄する

 

・ペットと共に避難するためにはペット専用の備蓄品も準備が必要

 

 

世界の富裕層の人たちは行動してます。
あなたが「人ごと」と思ってる間に。

 

地下シェルター(内陸や海底)を作り
食糧を運んでいる最中です。

 

投資の神さま・ウォーレン バフェットや
メタのザッカーバーグなどは

 

保有している金融資産を今もどんどん売却して現金化しています。

 

 

それをサバイバル資金として使っています。

 

どんなに小さいことでもいいんですよ。

 

行動しなかったら誰も助けてくれないことを知りましょう。

 

 

 

ここまで お読み下さり
ありがとうございました。

 

あなたの幸運を祈っております。

 

 

プライムウォレット

-価値観, 富裕層の生活
-